ほぐし織の話

ほぐし織は、18世紀後半にフランスのリヨンにおいて織製法が開発されました。最も高価で手間のかかる特別な織物「絣織」(フランス名シネ・ア・ラ・ブランシュ)が原型である。マリー・アントワネット王妃もドレス生地として愛用していました。

傘の持ち手/手元

傘の持ち手/手元には、直線のもの曲線のものがあります。 日本の伝統的な傘は直線、西欧の傘は曲線。現在、日本でも曲線のものが多く使われています。 傘は元々高価なもので主に裕福な女性が使っていたところ、 男性が持ってもおかしくないように、持ち手/手元を 当時の男性が使っていた ステッキに似せて作ったので丸くなったようです(諸説あり)。