傘の持ち手/手元

傘の持ち手/手元には、直線のもの曲線のものがあります。
日本の伝統的な傘は直線、西欧の傘は曲線。現在、日本でも曲線のものが多く使われています。
傘は元々高価なもので主に裕福な女性が使っていたところ、
男性が持ってもおかしくないように、持ち手/手元を 当時の男性が使っていた
ステッキに似せて作ったので丸くなったようです(諸説あり)。

傘の持ち手/手元には近年色々な材料で作られてきました。舟久保織物では、木材を使っています。定番の持ち手/手元はメープル、珍しいものでは、桜、栗、クヌギ、ヘダを使って作ります。